★2010年9月30日の契約まで30日間無利息キャンペーン★

2010年08月09日

上部康明(下関通り魔事件犯人)/名言(迷言)



untitled.bmp



『社会に不満があったから、人を殺すつもりで刺した」』

『池袋事件のようにナイフを使ったのでは大量に殺せないので車を使った』 

『私が傷つけた被害者、遺族、家族、知人の方に対し心からおわびいたします』

『事件は自分の意志でおこしたのではあるが、(精神的に)だんだん追いつめられていくうちに、神の指示があったように思う』

『薬物の影響で意識がもうろうとしていた』


下関通り魔殺人事件


>自己破産のメリット&デメリット
ラベル:下関通り魔
posted by たまご at 11:10 | TrackBack(2) | 上部康明(下関通り魔事件犯人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

和歌山一家8人殺害事件
Excerpt: 1946年(昭和21年)1月29日、和歌山県和歌山市で、大橋勝一さん夫婦とその子供たち一家8人が、斧とノミを使って殺害された。事件後、犯人は大橋勝一さんの実弟、大橋一雄(当時26歳)と判明。
Weblog: 大量殺人事件簿
Tracked: 2010-08-12 22:28

アルベール・カミュ・名言集
Excerpt: 『結婚する。まだ多少は愛したりもできる。そして働く。働いて働いて、そのあげく愛することを忘れてしまうのである』 『絶望とは、闘うべき理由を知らずに、しかも、まさに闘わねばならないということだ』..
Weblog: 作家の名言・格言集【外国版】
Tracked: 2010-08-13 16:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。