★2010年9月30日の契約まで30日間無利息キャンペーン★

2010年07月29日

大久保清(婦女連続殺人事件犯人)/名言(迷言)


ookubo.jpg


『兄は、俺の妻に離婚したほうがいいと告げ口したり、保護司に俺をもう1度刑務所に戻してくれるように頼みに行ったりした。兄は財産が欲しいので俺を邪魔にしていたのだが、血を分けた肉親にこんな仕打ちをされるなんてことがあるだろうか』

『警察や女にも恨みがあった。警察はいつも訴えた側の言い分ばかりを聞いて、俺の言い分は聞いてくれなかった。女たちは和姦だったのに強姦だと言って俺を陥れた。そのため、俺は過去2回刑務所に入らなければならなかった』

『俺はもともと嘘がつけない性格だった。それが人に裏切られ、何度も警察の取調べを受けたり、刑務所に入ったりしているうちにだんだんと嘘の言える人間になってきた』

『俺は肉親に裏切られ、女に裏切られ、社会に裏切られて絶望のどん底に突き落とされた。だから、俺は人間の血を捨てたんだ、冷血動物になることにした。冷血動物になって、社会に復讐してやろう。たくさんの人を殺してやろう。肉親や世の中に絶望した人間がどれだけ悪くなるか、世の中の人に見せてやろうと思った』

『生きながらえたとしても、かえって被害者の遺族を苦しめることになり、自分も苦痛から逃れたい』


大久保清連続殺人事件


>審査が甘いキャッシング会社は?

posted by たまご at 11:12 | TrackBack(1) | 大久保清(婦女連続殺人事件) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157800868

この記事へのトラックバック

津山三十人殺し(都井睦雄事件)
Excerpt: 1938年(昭和13年)5月21日深夜、岡山県苫田郡西加茂村大字行重の貝尾・坂元両部落で、当時22歳の都井睦雄(といむつお)が、改造した猟銃と日本刀で、村人を次々と殺害した。 わずか2時間足らずの..
Weblog: 大量殺人事件簿
Tracked: 2010-08-13 09:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。